メインコンテンツへ飛ぶ
Button

阿里山森林遊楽区

阿里山森林遊楽区は阿里山公路89キロ地点および阿里山森林鉄道の終点に位置します。実は阿里山という独立した山はなく、尖崙山、祝山、対高岳山、大塔山、塔山など18の高山から構成されています。


阿里山は年間を通じて気候にあまり差がありません。平均気温は摂氏10度前後で、冬場がもっとも寒く、零下3度に達します。蚊とブヨはまったく存在せず、台湾における最高の避暑地となっています。園内にはソメイヨシノや八重桜など、数千株の樹木が植えられています。一般的に「阿里山森林遊楽区」として認識されているエリアは、新駅から旧駅(沼平駅)付近一帯を指します。大きな赤い柱が立つ宮殿様式の新駅は、現在台湾最大の木造駅舎です。下車すると、ホーム上に半アーチ型の独特なデザインをした木製日よけが目に入るはずです。さらに駅前には見晴台があり、阿里山の有名な雲海や夕霞、夕日などの美しい景色が眺められます。また、岩壁が何層にもはっきりと分かれている塔山を一望できます。


阿里山は「鉄道、森林、雲海、日の出、夕霞」という五大奇観で知られています。このほか、園区内の景観スポットは大まかに三つのエリアに分けられます。第一エリアは阿里山森林遊楽区本体で、第二エリアは祝山のご来光スポットおよび対高岳の日の出観賞歩道、第三エリアは眠月線、大塔山歩道、阿吉縱走ルート、阿豊縱走ルートが含まれます。

必食グルメ

タケノコ

タケノコは阿里山地区の特産品の一つです。ここで産出されるタケノコの種類は数が多く、一年を通じてさまざまな種類のタケノコを味わえます。

必見の観光スポット

姊妹潭

姊妹潭は大きさが異なる二つの高山湖です。ここは山に暮らす姉妹が恋を叶えられず、愛のために命を絶った場所と言われています。

見逃せないイベント

桜祭り

毎年春になると、阿里山では桜のシーズンを迎え、年に一度の見逃せないお花見イベントが行なわれます。阿里山森林遊楽区内にはソメイヨシノがもっとも多く植えられています。次に多いのは、台湾山桜と花びらが折り重なった八重桜で、千株以上が植えられています。台湾でお花見と言えば、阿里山が一番人気のスポットです。

旅行ミニ情報

行き方

  1. ドライブ:
    国道3号線を中埔インターチェンジで下り、台18号線(阿里山公路)を進みます。89キロ地点の標識が見えたらまもなく到着。

最後の日付の更新:2017-06-21 20:26

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる