メインコンテンツへ飛ぶ
Button

觸口

行くことができる場所

觸口は阿里山公路の関所にあたり、阿里山にもっとも近い平地にある要地です。かつては阿里山の山間部の特産品と平地の物資の交易がここで行なわれ、賑やかな市が形成されていました。

 

自然景観に関しては、阿里山山脈が脈々と連なっており、三面に高山がそびえ立っています。また、南に向かって流れる八掌渓がここで方向転換し、西へと流れます。美しい曲流風景につり橋も加わり、有名な観光スポットとなっています。

 

ここ数年、台湾では国内旅行が盛んなのを背景に、ここに阿里山国家風景区管理処をはじめ、コンビニや商店などもいくつか設けられています。」→「ここ数年、台湾では国内旅行が盛んです。こうしたことから阿里山国家風景区管理処をはじめ、コンビニや商店などが設けられています。

必食グルメ

竹筒飯

樹齢1年の桂竹を用いた桶はお弁当箱として最適です。もち米を8分ほど入れてから均等にかき混ぜ、最後にキャベツを入れて、香りを持続させます。さらに、瓜の葉でしっかりとフタをした後、火の中に入れて熱します。

必見の観光スポット

天長地久橋

天長地久橋

觸口橋北側には「地久」という名前のつり橋があります。この地久橋を通り過ぎ、階段を上っていくと、次は「天長」というつり橋が現れます。この橋は八掌渓上流の渓谷を跨っており、緑の山と青い水に映え、まばゆく輝いています。

龍隱寺

龍隱寺

濟公を祀っている龍隠寺は、觸口における重要な観光スポットの一つです。旧暦10月3日には、ほぼ毎年厳かな火渡り儀式が行なわれています。この儀式の主な目的は厄払いや魔除けです。

旅行ミニ情報

行き方

  1. ドライブ:
    国道3号線を中埔インターチェンジで下りる→台18号線(阿里山公路)→觸口。

最後の日付の更新:2017-08-04 17:33

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる