メインコンテンツへ飛ぶ
Button

達邦

行くことができる場所

現在、達邦はツオウ族の最大集落です。かつてこの一帯の行政中心でしたが、後に郷公所(日本の町役場に相当)は楽野村に移りました。以前の郷公所の跡地はツオウ族文化センターとして再利用されています。旧郷公所前には運動場があり、現在大部分の公共機関は楽野集落に移りましたが、いくつかの機関と文化工房だけがここに残っています。


達邦集落は300年あまり前に設立されました。ここと近隣の特富野集落はそれぞれ付属した小社(小さな集落)と狩り場、漁場をもちます。新美、茶山、山美、里佳などの集落は達邦大社に属します。来吉、楽野などは特富野大社に属します。地理的には特富野と同様、曾文渓上流にある長谷川渓と伊斯基安娜渓の合流地点付近に位置します。二つの集落は遠距離で向かい合っています。それぞれの集落に男子集会所のクバ(kuba)があり、毎年伝統的な祭典「マヤスヴィ」が交互に催されています。


達邦の主な特産物はタケノコ(桂竹、麻竹、孟宗竹、石高竹)と高冷地野菜(主に山わさび)などです。達邦は阿里山郷の各集落の中心に位置し、付近には行楽客向けの民宿や山荘も少なくありません。

必食グルメ

山わさび

樹齢1年の桂竹を用いた桶はお弁当箱として最適です。もち米を8分ほど入れてから均等にかき混ぜ、最後にキャベツを入れて、香りを持続させます。さらに、瓜の葉でしっかりとフタをした後、火の中に入れて熱します。

必見の観光スポット

日本人警察官の官舎

ここは優雅なデザインをした日本家屋です。当地産のヒノキを用いており、保存状態も良好です。台湾で唯一の原住民族居住地域に設けられた「別館」であり、視察に招かれた高級官吏が用いていました。戦後は郷長の官邸として用いられていたこともありました。

見逃せないイベント

ツォウ戦祭

マヤスヴィ(または戦祭、Mayasvi)は、集落全体の祭典です。主に戦の神に勇士たちのご加護を願うことと、部族の人たちに自 らの精神と生命を捧げて集落全体の大きな生命を守るように励ます意味があります。

旅行ミニ情報

行き方

  1. ドライブ:
    国道3号線を中埔インターチェンジで下りる&rarrr;台18号線(阿里山公路)→石棹→県道169号線→楽野→特富野→達邦。

最後の日付の更新:2017-06-22 16:25

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる