メインコンテンツへ飛ぶ
Button

十月神木の下での婚礼

「神木の下での婚礼」イベントは樹齢千年の香林神木が見守る中で催されます。新婚カップルが神木前で互いに一生の誓いを交わします。神木は二人が固く結ばれ、愛情が永遠に変わらぬことを象徴しています。会場の背景には大きなハートが配置され、メインシンボルとなっています。また、香林神木および周辺の緑の森林が見事に組み合わさっています。新婚カップルは花のアーチの中を進みます。これは人生の階段をまた一歩進むことを表現しています。幸せの象徴である甘い香りの花に囲まれた階段を進むと、正式に人生の新たな旅路が始まったことを宣言することになります。神木が見守る中、幸福に満ちた結婚生活が始まります。神木のように千年経っても変わることなく永遠に続きます。

当イベントは結婚式が主軸となっているほか、すべての企画が愛情で繋がっています。ロマンチックなツアー内容で、新婚カップルに幸せな結婚式を提供するだけでなく、参列者も喜びを分かち合ってほしいと願っています。

神木の下での婚礼

ディープな報道

  • 香林神木

    香林神木

    阿里山の香林神木は旧名を「光武檜」と言い、ベニヒに属します。慈雲寺および香林小学校そばに位置し、樹の幅は12.3メートル、高さ45メートル、樹齡推定2300年です。海拔は2207メートルに位置します。旧名は「光武」と言いますが、これは神木が発芽した時間がおよそ東漢の光武帝の時代だからです。前台湾省主席である黄傑以氏が命名しました。

  • 香林神木

旅行ミニ情報

開催場所

阿里山森林遊楽区 香林神木

トラベル・マップ

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる