メインコンテンツへ飛ぶ
Button

山林散策

山麓に沿って上へ進んでいくと、森林植生は海抜の高度に従って変化し、亜熱帯雨林群系と温暖帯山地針葉樹林群系を跨っています。竹林、山黄麻、クスノキ、アラカシ、ベニヒノキ、ショウナンボク、ランダイスギ、タイワンスギ、タイワンヒノキ、ニイタカトウヒ、タイワンツガなどの樹林が、標高によって分布しています。林の中を歩いていると、森林から発せられる独特な香りを嗅ぐことができ、さわやかな気分になります。

  • 阿里山の豊かな森

    阿里山の豊かな森

  • 竹林の緑のトンネルの美

    竹林の緑のトンネルの美

台湾には四千種あまりの原生維管束植物が生息しており、その中「阿里山」の名前が冠されたものは百種類あまりあります。阿里山冬忍(アリサンニンドウ)、阿里山十大功労(マホニアオイワケンシス)、阿里山龍膽(アリサンリンドウ)、阿里山水晶蘭、阿里山千層塔などで、阿里山の植物相がいかに豊富であるかが分かります。

  • タイリントキソウ

    タイリントキソウ

  • ソメイヨシノ

    ソメイヨシノ


最後の日付の更新:2017-08-04 11:20

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる