メインコンテンツへ飛ぶ
Button

動物との舞い

阿里山地区の主な渓流は曾文渓上流および来吉や豊山地区を流れる清水渓です。これらの渓流の中には高山特有の魚やエビが繁殖しています。主にセイタカクチマガリやテナガエビ、岩鰍などが見られます。 恵まれた自然環境の中では昆虫や鳥類、獣類など豊富な生態資源が育まれています。アカハラリス、カオジロムササビ、野生のイノシシ、タイワンザル、キョン、台湾カモシカなどの哺乳動物、またはアリサンサンショウウオや梭得氏アカガエルなどの両生類、さらには阿里山亀殼花やキクチハブなどの毒蛇もよく見られます。

  • カオジロムササビ

    カオジロムササビ

  • モルトレヒトアオガエル

    モルトレヒトアオガエル

ここは野鳥の楽園でもあります。海抜の高い阿里山地区では、専門家の調査資料によると、少なくとも40種類の鳥類が観察できます。ズアカエナガやヒガラ、アリサンヒタキなどです。また、くれぐれも車の運転には注意しましょう。のんびりと歩いているハクセキレイを脅かさないでください。個体数が激減している台湾固有亜種アリサンヒタキも観察できます。さらに瑞太の武俠映画に出てくるような竹林景観では、運が良ければ珍しい野鳥サンケイに出会うことができます。

  • サンケイ

    サンケイ

  • ミミジロチメドリ

    ミミジロチメドリ


最後の日付の更新:2017-08-04 11:12

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる