メインコンテンツへ飛ぶ
Button

鉄道

阿里山森林鉄路は国内外で有名な登山鉄道です。かつて木材運搬のために敷設され、今は観光用の森林列車に生まれ変わっています。


現在、園区内には3本の支線があり、「祝山線」は台湾人が自分たちで建設した最初の高山鉄道です。これは祝山へご来光に訪れる行楽客を載せる専用列車です。「眠月線」は観光用で、車窓には美しい風景を眺められます。終点には有名な石猴レジャーエリア(現在、1999年9月21日に発生した921地震および2009年8月8日に発生した台風8号で被害を受け、修復工事中のため、開放されていません)。「神木線」は園内を通り抜け、巨木がそびえ立つ「神木エリア」までの区間です。


最後の日付の更新:2017-06-23 11:14

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる