メインコンテンツへ飛ぶ
Button

瑞里

行くことができる場所

瑞里村は平地の人々が阿里山で最初に開発したエリアです。北は瑞峰風景区に面しており、東北部の分水嶺を超えると、濁水渓の支流である清水渓を隔てて、雲林県草嶺風景区が遙か遠くに望めます。東側は太和風景区で、「瑞里八景」として知られています。2001年には瑞峰風景区と太和風景区が合わさり、新しく設立された阿里山国家風景区の管轄内に組み込まれました。


瑞里は美しい景観だけでなく、農産物も豊富です。お茶とタケノコ以外に、ビンロウ、愛玉(カンテンイタビ)、梅、金針花(ワスレグサ属)、板栗(シナグリ)などがあります。ここ数年、瑞里の高山茶は製茶技術が優れており、さわやかな味わいが人気を呼んでいます。また、茶葉や金針花、梅を用いた料理も特色ある郷土料理として知られています。


瑞里の風景スポットは主に三つのルート上に分布しており、村内の各景観スポットは歩道で繋がっています。

必食グルメ

甘柿

甘柿は外側が美しいオレンジ色をしており、サクサクとした食感の果肉は甘くてジューシーです。

必見の観光スポット

燕子崖

燕子崖は岩壁の幅が約40メートルで、上部には凹凸のある独特な形状をした平行線が見られ、下部は高さ約2メートルの凹んだ壁となっています。突き出た大絶壁で、壁面には風蝕によって形成された横線紋様がはっきりと見えます。

見逃せないイベント

カエル観察

阿里山広域エリアでは一年を通してカエルを観賞できます。主に低海抜と中海抜に棲息しています。水域環境としては水田、池、滝、渓流、竹林などがあり、約18種類のカエルがいます。

旅行ミニ情報

行き方

  1. ドライブ:
    国道3号線を梅山インターチェンジで下りる→県道162号線、台3号線→梅山→162甲線→太平→瑞峰→県道166号線→瑞里。

最後の日付の更新:2017-06-22 14:56

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる