メインコンテンツへ飛ぶ
Button

金獅

行くことができる場所

金獅村は竹崎郷東北部に位置し、中傾斜から高傾斜の丘陵地帯に属します。竹崎から瑞里へ向かう要路でもあります。金獅では桃やスモモ、梅、ミカン、龍眼などが豊富に産出され、茶畑や竹林も見られます。農業特産品の種類は非常に豊富です。

金獅村は約300年あまり前に先人たちによって開墾されました。昔は青石の敷かれた歩道が多くあり、これらが対外連絡道路となっていました。主な古道は以下の通りです。金獅寮から金獅山までの古道、金獅寮から観音瀑布までの古道、出水坑から琵琶頭までの古道、出水坑から交力坪までの古道です。金獅村にはまだあまり知られていない景観スポットが数多くあり、素朴な自然景観が残っています。全体的に産業景観と山岳景観が多く、産業景観は主に竹林と茶畑です。

金獅は瑞里へ向かう県道嘉166号線上(旧郷道嘉122号線、俗称「瑞水公路」)に位置します。海拔100メートルから1,200メートルの間に分布しています。地勢の落差が大きいため、午後になると山間部は霧が発生しやすく、雲瀑景観の美しさに感嘆させられるはずです。このほか、靄がかかったような嘉義の夜景も一大特色となっています。

必食グルメ

龍眼

10月に産出される龍眼は、甘くてジューシーで非常に美味です。果実はライチと同じくらいの大きさで、全国的に知られています。ここの龍眼のほとんどは生食として用いられますが、残りはドライ龍眼に加工されます。

必見の観光スポット

出水坑歩道

出水坑歩道沿いは豊かな自然と山紫水明の風景が楽しめます。

見逃せないイベント

茶道散策

茶道散策

「茶」をテーマにした旅行、「阿里山茶の道」。この旅では茶葉を摘んだり、製茶体験をしたり、茶菓子を手作りしたりできます。さらに、茶を用いた創作料理も味わえます。

旅行ミニ情報

行き方

  1. ドライブ:
    国道3号線を竹崎インターチェンジで下りる→県道166号線→文峰→金獅。

最後の日付の更新:2017-08-07 15:06

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる