アンカーポイント メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント

円潭生態園区

月曜日:08:30 – 17:00
仁寿
Google評価: 4.3 得点
更新しました:2020-11-18
1438
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区
円潭生態園区

遊び攻略

園内には円潭瀑布、向山瀑布、心湖瀑布という3本の滝や豊富な生態があります

園内の道は緩やかなので、どのようなお客様でもレジャーが楽しめます

公用駐車場とビジターセンターがあります

往復で40~50分程度です

ビジターセンターの2Fレストランは、事前予約がおすすめです

紹介

166県道の71.5K地点にあり、付近には瑞里一号橋があります。園内の水質は清らかで、自然かつ幽玄な環境には、野鳥や蝶、甲虫、ホタル、蛙などが生息し、1カ所で生態、レジャーが楽しめる緑の歩道です。ビジターセンターの1Fでは生態解説サービスを提供しており、2Fのレストランでは食事ができます。
円潭生態園区
園内の歩道は、主にウッドデッキと石のプレートで造られています。環山歩道には木桟道のほか、緩やかで歩きやすい木のはしごを模した歩道があり、すばらしい景観が楽しめます。円潭渓流を経た地層は、砂岩泥岩互層に属し、節理が発達していることから多層の滝や甌穴、高くそびえる絶壁、狭隘な渓谷、急な傾斜などの特徴があるため、渓谷の地形を観察する最良スポットです。また、空気中には水分が充満し、湿度も高いことから、高い湿度を好む寄生植物の生長に適しています。オオバタブ、タイワンコウバシ、タイワンショウベンノキ、タイワンエノキなどや、シマオオタニワタリやカザリシダなどの着生植物も見られます。特殊な地形と環境条件により、唯一無比の豊富な生態系を織り成しています。
円潭生態園区

旅情報

営業時間: 日曜日:08:30 – 17:00
月曜日:08:30 – 17:00
火曜日:08:30 – 17:00
水曜日:08:30 – 17:00
木曜日:08:30 – 17:00
金曜日:08:30 – 17:00
土曜日:08:30 – 17:00

電話: +886-5-2593900

ファックス: +886-5-2594305

アドレス: 台湾嘉義県竹崎郷

施設

  • 展望台
  • 駐車場
  • トレイル

旅行のヒント

1.路線バスで向かう場合には、発車時間にご注意ください
2.「瑞太古道」につながっています

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

運転情報

【円潭ビジターセンター】
1.国道一号民雄インターチェンジ→民雄外環道路→正大路二段→166線道→竹崎→166県道71.5K→円潭ビジターセンター。
2.国道三号竹崎インターチェンジ→166線道往竹崎→竹崎→166県道71.5K→円潭ビジターセンター。

公共交通

【円潭ビジターセンター】
1.台鉄嘉義駅で「路線バス7315」に乗り「雲潭瀑布」バス停下車後、上り坂を約7分行けば到着
2.台鉄嘉義駅で「路線バス7315」に乗り、「瑞里山荘」バス停下車後、下り坂を約7分行けば到着
Top