メインコンテンツへ飛ぶ
Button

お茶の郷・隙頂で歩道散策

  • 海抜1250メートルの隙頂は阿里山公路でもっとも観霧地点(54-56K)に近く、日の出観賞にベストなスポットです。同時に、阿里山茶の主要な産地でもあります。山の地勢に沿った道路は上り勾配が続き、八掌渓と曾文渓上流の気流がここで交わっています。これにより独特な雲瀑景観が形成されています。隙頂を訪れたら美味しいお茶を味わうだけでなく、二延平山歩道の見晴らし台まで歩けば、ダイナミックな雲瀑風景を満喫できます。

    おすすめの景観スポット: 隙頂二延平山歩道

    二延平歩道は約1800メートルの登山小道で、往復約50分かかります。沿道には濃い緑の石竹林や茶畑などが見られます。歩道入口の見晴らし台からは嘉南平原と八掌渓を遠望でき、山水風景を眼下に収められます。ここは阿里山公路でもっとも観瀑地点に近く、雲が滝のように流れ落ちていく光景が見られます。息を呑むような美しさです。

おすすめのルート


最後の日付の更新:2017-07-17 21:34

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる