メインコンテンツへ飛ぶ
Button

五月ホタル祭り

阿里山広域エリア内の各景観スポットに棲息しているホタルは、長年にわたり保護育成を行なってきたもので、数量や種類はかなり多いです。

ホタルの活動が活発な時期は4~6月で、阿里山地区では一年を通じてホタル観賞が楽しめます。

圖片

ディープな報道

  • 神木蛍

    神木蛍

    ホタルの一生は卵、幼虫、蛹、成虫の四段階に分けられます。中でも、幼虫期には身体が大きくなり、脱皮する現象が見られます。その他の三つの時期はサイズに大きな変化はありません。

  • 鉅角雪蛍

    鉅角雪蛍

旅行ミニ情報

日落後1時間がホタルが頻繁に求愛行動を行ない、発光がもっとも美しい時間帯です。毎年4~6月は春夏のホタルを観賞でき、10月中旬から翌年3月上旬までは秋冬のホタルが観賞できます。

  • 必要な装備:ホタル図鑑、赤いセロファン紙で包んだ懐中電灯、観察用の虫かご、飲料水。
  • 服装:長袖、長ズボン、運動靴が適しています。夜、屋外では蛇が出没しますので、不用意な行動をして驚かさないようにしましょう。
  • ホタル観賞時間:太陽が西に沈むと準備開始です。春と夏は夜6時30分~8時30分頃、秋と冬は夜6時~7時頃です。

ホタル観賞スポット

瑞峰、瑞里、奮起湖、光華など。

行き方

  1. 国道3号線→水上インタージャンクション(300キロ地点)で下りる→台18号線公路(道路)→石棹(64Kキロ地点)で左折し、169号線へ→162甲線→奮起湖に到着。
  2. 国道3号線→梅山インタージャンクション(279キロ地点)で下りる→県道162号線→省道台3号線→162甲線→瑞峰に到着、全長約40キロ。
  3. 国道3号線→竹崎インタージャンクション(290キロ地点)で下りる→県道166号線(旧郷道嘉122号線)→瑞里に到着、全長約37.7キロ。
  4. 国道3号線→中埔インタージャンクション(297キロ地点)で下りる→台18号線公路→石棹で159甲線へ→光華に到着。

トラベル・マップ

活動精華

:::
サイトマップを開く
サイトマップを開く
サイトマップを閉じる